1/30(木) 今朝の編集手帳 久保田五十一さん



1月30日 編集手帳

2014年1月30日3時4分 読売新聞


 戦前、米大リーグのインディアンスで活躍した巧打者にジョー・スウェルがいる。14年間の選手生活を、たった1本のバットで乗り切った。空前にして、おそらく絶後の記録だろう◆引退後、愛用のバットを博物館に展示するよう乞われて、スウェルは言ったという。「それは無理だ。腕だけを博物館に渡せるものか」。中公文庫『野球は言葉のスポーツ』に教わった◆息を吹きかけ、胸に抱き、ときに添い寝する。野球選手にとってバットは身体の一部であると同時に、いとしいわが子でもあろう。選手が育ての親ならば、バット職人は生みの親である◆久保田五十一いそかずさん(70)が引退する。イチロー選手や松井秀喜さんを陰で支えたバット作りの名人である。半世紀に削ったバットは数十万本という。イチロー選手の日米通算4000本安打も、松井さんのワールドシリーズMVPも、久保田さんの“わが子”を“わが腕”に育て上げて成し遂げられた偉業である◆〈菊づくり菊見盛みざかりは蔭かげの人 吉川英治〉。テレビ観戦に酔いしれた記憶のあれこれをたぐりつつ、遅まきながらの「ありがとう」を蔭の人に贈る。


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

つれづれ日記

Author:つれづれ日記
あさがおに
つるべ取られて
もらい水

加賀千代女


 日々自然とともに、日々是好日、「人間到処有青山 人間(じんかん)到る処 青山(せいざん)有り」 釈月性(浄土真宗)にあらん・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
カテゴリ
リンク
フリーエリア

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター