5月 記憶にとどめたいひと・ことば

  5月5日(水) 長嶋巨人軍名誉監督と昨年12月に引退した松井選手が国民栄誉賞に輝いた。
 いままでたくさんの感動とよき思い出を有り難うございました。そして、心からおめでとうございます。

 長嶋監督は、ファンの皆様に、お礼を述べられた。野球ファンをいつも大事にされていると思った。松井選手は、受賞を大変恐縮しつつ、衣笠選手や王監督、長嶋監督の3人に先輩達の業績に及ばないと、先輩達を讃えている。やはり、チームメイト、ファンに感謝していた。日米で活躍し、ヤンキースでは、ワールド・シリーズでMVPに輝いた。ガッツポーズやクレームなど決してしない真摯な態度は、米国民からも高く評価され、愛された。遡って、引退記者会見では、「一番の思い出は?」と問われると、「長嶋監督から素振りを指導してもらったこと」と語ったことも記憶にとどめたい。

 特にどのチームのファンでもないが、本物のプレーする選手、はらはらどきどきするゲームには、勝ち負けを越えて、どちらも応援したていきたい。


 
国民栄誉賞 記念展示

国民栄誉賞 記念展示

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

つれづれ日記

Author:つれづれ日記
あさがおに
つるべ取られて
もらい水

加賀千代女


 日々自然とともに、日々是好日、「人間到処有青山 人間(じんかん)到る処 青山(せいざん)有り」 釈月性(浄土真宗)にあらん・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
カテゴリ
リンク
フリーエリア

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター