6/16(月)サッカーWC 初戦逆転負け

 6/15(日)午前10時~ サッカーワールドカップブラジル大会の初戦、日本はコージボアールと闘った。前半16分、日本は本田の切れ味のいいゴールで先制点、これはいけそうだ、という期待感をもって前半を終えた。しかし、ボールのスピード・支配率、シュート数では、相手が上だった。背も高く、フィジカルでも、手強い相手だ。このままでは、いかないだろう、点の取り合いかと思った。後半、大きく流れが変わったのは、ドロクバが入ってからだ。俄然、相手の空気が変わって、活性化した。こんなにも存在感が大きい選手は、見たことがない。日本のデフェンス3~4人が、引きつけられたからだ。その隙に同点、その数分後に裏をつかれたヘッディング・シュートを決められ、2対1で逆転された。後半は、いいところがなかった。どうしても勝って、勝ち点3が欲しかったが、負けてスタート。かなり、心配していたが、ドロクバ、カカ・トゥーレなど、アフリカ勢の強さを思い知らされた。ドロクバは、国の英雄、自国の内戦をやめ、選挙を!と、呼びかけた、優秀な人で、子どもの時にフランスで勉強したそうだ。
 次の6/20ギリシャ戦,6/25コロンビア戦はどうしても勝たねば、一次リーグ突破が難しくなった。次へ、期待したい。初戦敗退で、一次リーグ突破の確率は、8.9%、非常に厳しいが、可能性がある限り、最後まで頑張ってほしい。細かいパス回しで決定力ある攻撃と、チームワークのディフェンス力が試される、誰と言わずに、ラッキーボーイが出てきてほしい、頑張れ、ニッポン!
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

line
プロフィール

つれづれ日記

Author:つれづれ日記
白玉の 歯にしみとほる秋の夜の 
酒はしづかに飲むべかりけれ
         (若山 牧水)

月々に月見る月は多けれど
月見る月はこの月の月
(詠み人知らず)

 
 日々自然とともに、日々是好日、「人間到処有青山 人間(じんかん)到る処 青山(せいざん)有り」 釈月性(浄土真宗)にあらん・・・

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
フリーエリア
line
カテゴリ
line
リンク
line
フリーエリア

line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
FC2カウンター
line
sub_line