天に星 地に花 人に愛

6/30(月)2014年の上半期を終えて

 日めくりカレンダーは、かみさんの愛用、毎日1枚づつ外した。確かに、2014年、残り1/2になった。今年も半年が過ぎ去ったと実感する。
 月ごとのカレンダーに、予定の行事を、予定通りに進めてきた。4月上旬に、東京のJRC(青少年赤十字)賛助奉仕団の皆さんと福島県の皆さんと、合同で福島県浜通り地方一帯を視察研修、実家訪問が出来た、6月に日本退職公務員連盟の宿泊研修で、東京都退職公務員連盟(都退公連)の代表として、全国の皆さんに発表の責務を果たせた、プロ野球観戦1試合出来た、本場のジャズピアニスト、チック・コリアさんのライブが聴けた、夜桜薪能を観れた、日赤本社ボランティア、大学・・・幾つか充実した時を過ごすことが出来た。
 明日から7月、今週後半は、2つ大きな予定、ひとつは、新潟県越後湯沢方面への研修旅行、新宿へ朝一番で旗と名札をもって行き、研修講演や写真撮影などお手伝い、次に帰宅翌日、再び新宿へ、年に一度、都庁時代からOB会「たなばたの会」・・・
9月には、「古稀の会」の同級会の案内が来た。懐かしい竹馬の友と会う。今年の後半、この半年、今年やりたいことをやろう。退公連、赤十字、地域のボランティア、・・・7月には、タブレットへ挑戦、7/18に日本新発売のマイクロソフト サーフェイスPRO3が届くので、楽しみ・・・。

 今朝のワールドカップサッカー決勝トーナメント、オランダ対メキシコの対戦は、メキシコが1点を先行した。後半ぎりぎりから、オランダがスナイデルの豪快なシュートで同点、ロッベンがPKを手繰り寄せ、2対1で振り切って、オランダがベスト8に勝ち進んだ。敗れたメキシコの守護神オチョアは、MOM(マン オブ ザ マッチ)に選ばれた。今大会随一のキーパーのファインセーブが観られなくなるのが、とても残念だ。勝ちたいと思う気持ちが相手よりも強いチームが、勝ち進んでいる。コスタリカ対ギリシャの対戦は、後半修了間際に、ギリシャが劇的に1対1のタイスコアに持ち込み、延長戦の死闘で決着つかず、PK戦でコスタリカがベスト8に勝ち進んだ。ギリシャ監督が、なぜかPK戦前に、退場処分になってしまった?!やはり、指揮官が、戦場を離脱したら、負けてしまうだろうと思った!!次は、オランダとコスタリカの対戦。そして明日は、ヨーロッパ対アフリカ、フランス対ナイジェリア、ドイツ対アルジェリアが見ものだ。サッカーは、厳しいスポーツ、国と国との闘い、死闘だ、死にもの狂いで、全力で闘う、戦争以外の人間の本能の平和の闘いだ。世界中の国々の人々が、熱狂している。最大のスポーツだ。そういう闘いだが、レフリーがいて、ルールがあり、ジャッジする。日本チームは既に引き揚げたが、今も、日本の審判団がブラジルに残って、これからもジャッジする。ジャッジは、両方から喜ばれる立場にはなく、厳しい中に、厳しく公平を貫かねばならない。ガンバレ西村さん、當間さん、東城さん、ガンバレ、ニッポン審判団!。

 

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)