■ 総記事数: ■ 総コメント数: ■ 総トラバ数 ■:
天に星 地に花 人に愛


□最新記事
□最近のコメント









1/18(日) 1.17 3.11 8.15

 昨日、阪神淡路大震災がメディアを通し、悲惨さを一日考えされた。日本人として、絶対に忘れてはならない日だ。天皇皇后両陛下も神戸を訪問し、追悼された。大変ご多用の中、ご高齢でのご訪問、本当に頭が下がります。

 今日の格言:鵜の真似をする烏
《自分に姿が似ている鵜のまねをして水に入った烏がおぼれる意から》自分の能力をよく考えず、みだり ......

 昨日は、自動車教習所で「高齢運転者講習会」を受講した。いろいろな目の検査、反射神経と動作、教習所内の運転、久しぶりだったので緊張した。何とか、クリアしたが、運転だけでなく、日頃の交通事故の怖さも痛感した。
 今回は、免許証の更新するが、返上も考えなければならないなあ、と思った。

 一昨日、こんにちは とメールが届いた。なんと、カナダ・アルバータ州、エドモントン近郊の養蜂家、リーさんから。
 今の気候と雪、やはりカナダだ。ハチが越冬中だ。日本語の勉強を始めたそうだ。3月、訪日、再会が楽しみだ。3月に上京するいう。

 昨日は、久しぶりに、鹿児島県喜界島の先輩へお電話した。アメリカ、オーストラリアを一緒に歩き回った先輩だ。また、一献楽しみだ。

 
 今日の午前中は、近くの集会所で落語の「芝浜」を聴く。午後は、中央区立教育センターへ子どもたちの作品展を10年ぶりに観に行く。
 先月、特別支援学級を参観し、子どもたちがとても熱心に作品を、子どもたちに「観に行くよ!」と約束していたからだ。

 今朝の詩 「星とたんぽぽ」をUPします。彼女は、26歳という悲しい、短い、惜しい、切ない一生だった。サンテグジュペリと同じように、世界を観ていた、子どもたちの心を読んでいたことの素晴らしさを学んだ。
  
星とたんぽぽ
                金子みすず

         青いお空のそこふかく、
         海の小石のそのように、
         夜がくるまでしずんでる、
         昼のお星はめにみえぬ。

            見えぬけれどもあるんだよ、
            見えぬものでもあるんだよ。

         ちってすがれたたんぽぽの、
         かわらのすきにだァまって、
         春のくるまでかくれてる、
         つよいその根はめにみえぬ。
            見えぬけれどもあるんだよ、
            見えぬものでもあるんだよ。

"Stars and a dandelion" by Misuzu Kaneko

In the deep blue sky, like the pebbles at the bottom of the sea,
the daytime stars, sinking until night comes, are invisible to our eyes.
    But though we can't see them, they are there.
    Things invisible are still there.

A fallen withered dandelion silently hides in the cracks of a roof tile.
Its strong roots, waiting until spring comes, are invisible to our eyes.
    But though we can't see them, they are there.
    Things invisible are still there.

[ 2015/01/18 09:17 ]Posted byつれづれ日記 | 未分類 | TB(0) | CM(0)[記事編集]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://beatles745.blog.fc2.com/tb.php/607-fbd497d7