天に星 地に花 人に愛

2/16(月) 子どもが育つ魔法のことば

  2月16日. 天気図記念日. 1883(明治16)年のこの日、ドイツ人の気象学者エリヴィン・クニッピングの指導のもと、7色刷りの日本初の天気図が作成された。 天気図は1日1回発行されることになり、8月23日からは新橋と横浜の停車場に掲示された。

 寒天の日. 長野県茅野商工会議所と長野県寒天加工業協同組合が制定。 2005(平成17)年のこの日、NHKテレビ『ためしてガッテン』で寒天が取り上げられ、寒天が大ブーム ...

 今日の格言:父母(ふぼ)の恩は山よりも高く海よりも深し【父母の恩は山よりも高く海よりも深し】

両親から受けた恩は何物にも比べることができないほど大きいものだというたとえ。

 今朝は、朝一番で、近くの順天堂病院へ。心療内科で、胃カメラの予約を。少しピロリ菌があるようなので、退治しなくちゃ。

【今週の予定】
 帰宅後、午後、日本赤十字社東京都支部(新宿)の研修会へ。
 明日、明後日は、地域のボランティアとミィーテイング。
 20日(金)昨年夏亡くなった故郷の友人の墓参り、埼玉県坂戸市へ。
 21日(土)1時~ 銀座キャノンで研修 5時半歯科診療
 
 余寒とはいえ、まだ寒さは厳しいので、風邪をひかぬように気をつけ、元気で明るく過ごそう。

 
「子どもが育つ魔法のことば」
(ドロシー・ローノルト著 PHP研究所)
 
けなされて育つと、子どもは、人をけなすようになる
不安な気持ちで育てると、子どもも不安になる
子どもを馬鹿にすると、引っ込みじあんな子になる
「かわいそうな子」だと言って育てると、子どもは、みじめな気持になってしまう
叱りつけてばかりいると、子どもは、「自分は悪い子なんだ」と思ってしまう
 
親が他人を羨んでばかりいると、子どもも他人を羨むようになる
励ましてあげれば、子どもは、自信を持つようになる
広い心で接すれば、キレる子にはならない
誉めてあげれば、子どもは、明るい子に育つ
愛してあげれば、子どもは、愛することを学ぶ
 
認めてあげれば、子どもは、自分が好きになる
見つめてあげれば、子どもは、頑張り屋になる
分かち合うことを教えれば、子どもは思いやりを学ぶ
親が正直であれば、子どもは、正直であることの大切さを知る
子どもに公平であれば、子どもは、正義感のある子に育つ
やさしく思いやりを持って育てれば、子どもは、やさしい子に育つ
守ってあげれば、子どもは、強い子に育つ 

和気あいあいとした家庭で育てば、子どもは、この世の中がいいところだと思えるようになる

親を、教師と置き換えてもいいと思った。

とてもすばらしいことばだけど、若い頃は、なかなか余裕ががなくて、なかなかその通りには
いかなかったと、深く反省している。親として、二度と子育ては出来ない。
ああ、親として、もう一度子育てが出来ればなあ、と思った。
今、子育て中の親たちや教員には、よく味わってもらいたいものだ。
 

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)