■ 総記事数: ■ 総コメント数: ■ 総トラバ数 ■:
天に星 地に花 人に愛


□最新記事
□最近のコメント









3/25(水) 災害は、忘れずにやって来る

 今日、3月25日は、「電気記念日」です。明治11年(1878年)3月25日、グローブ電池と弧光灯によって、日本で初めて電気の明かりが灯されました。これを記念し、昭和2年(1927年)に日本電気協会が3月25日を「電気記念日」と制定しました。

 昨日、午後から、歯周病の治療に行った。違うところの2回目の麻酔処置だった。歯の周囲のかたい部分に幾度か、注射をされるというのは心地よいものではない。1時間以上も、処置に時間がかかった。歯周ポケットを整形して、歯磨きしやすいようにするためだそうだ。先生は、これからは歯磨き次第だ、と言われた。歯間ブラシを使ったり、歯磨きを丹念にするようになった。昔、虫歯を処置し、被せたところは、また虫歯になっているという。そりゃそうでしょう、長年、経っているのだから。今年は、せっせと歯医者さんに通院し、悪いところはみんな治してもらおう。だって、放置しておいて、よくなっていくわけがないのだから。

 今日は、午前中は、日赤本社ボランティアガイドへ、埼玉県深谷市の皆さんにご説明し、約90分間、2グループに分かれてご案内する。昨晩、深谷市について、丹念にインターネットで調べた。深谷ねぎしか、知らなかったが、とんでもない、歴史ある、とてもいいところだ。是非、皆さんに、日赤について、ご満足とご理解をいただくように努めてきたい。

 昼食後、調べ物に東京都教職員センターの資料室へ行って来たい。

 今日の格言:天災は忘れた頃にやって来る
 天災は、災害の悲惨さを忘れたころに、再び起こるものである。高知市内の寺田寅彦旧居跡に建てられた ......この言葉が、寺田寅彦の言葉だというのを初めて知った。

 A disaster strikes when people do not expect it.

 A natural disaster strikes when people lose their memory of the previous one.

 この言葉は、東日本大震災以降、毎年、何らかの天災が起こっているのだから、もはや、天災は忘れずにやって来る、と肝に銘じて、日頃から、いざという時にどうするかを考えておかねばならない。

 
[ 2015/03/25 07:14 ]Posted byつれづれ日記 | 未分類 | TB(0) | CM(0)[記事編集]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://beatles745.blog.fc2.com/tb.php/674-13391453