3/26(木) 春の花壇づくり
 七十二節気 桜始開(さくらはじめてひらく) 桜開花宣言したが、寒の戻りで、ちらほら、明日以降、徐々に気温が上がるにつれて、開花してくるだろう。

 3月26日(木). カチューシャの歌の日: 1914(大正3)年、島村抱月と松井須磨子が旗揚げした芸術座が、トルストイ「復活」の初演を行い、この中で歌われた「カチューシャの歌」が大流行した。1914年(大正3年)に発表された日本の歌謡曲、ならびに同楽曲を題材にした同年 .... さらに第三高等学校では生徒たちが頻繁に歌っていたために歌唱の禁止令・・・なぜだろう?
調べた範囲では、次の通り:この流行は、全国の高等女学校・中学校・女子専門学校・高等学校の学生までにも及んだ。そして、生徒たちに『復活』の観劇を禁じる学校が相次いだ。当時は第一次世界大戦が開戦するかどうかであった時代背景も影響している。帝政ロシアとロシア革命も、影響していただろう。さらに第三高等学校では生徒たちが頻繁に歌っていたために歌唱の禁止令が出たと、九州日日新聞1915年6月27日付で報じられた。また、萬朝報1915年8月11日付でも、東京の女子専門学校で歌唱禁止令が出たと報じている。歴史とは不思議なもので、2000年3月26日、新生ロシアでは、プーチンが大統領になった。あの、カチューシャの歌は、どこかへ行ってしまった。

 今日の格言:天は自ら助くる者を助く
《Heaven helps those who help themselves.》天は、他人に頼らずにひとりで努力する者を助けて幸福を与える。...
出展:ラテン語以来の古いことわざです。(「fortes fortuna adjuvat」ほか)
イソップ童話「牛追いとヘラクレス」の教訓にもなっています。

インターネット情報によると英語での初出は1475年頃となっており、
また、17世紀イングランドの政治家アルジャーノン・シドニーの著作「Discourses Concerning Government」の中に「God helps those who help themselves」という一文があります(google booksで閲覧可能)。

18世紀のアメリカの政治家ベンジャミン・フランクリンの「貧しいリチャードの暦」に引用され(God helps them that help themselves)、
その後サミュエル・スマイルズが自著『self-help』(1859)の冒頭に掲げたもの(heaven helps those who help themselves)を、
日本の中村正直が『西国立志編』(1871)で「天は自ら助くる者を助く」と訳したようです。"

 昨日、日赤本社、埼玉県深谷市の40名の皆さんを、二人で2グループで、90分間、ガイドした。きっと、ご満足いただけたと思う。今月、横浜へ行ったり、東京都支部でいろいろと情報を膨らませたので、大きな余裕ができたからだろう。事前に深谷市についても調べたのもよかった。高崎線で約1時間ほどのようだ。いつか、日帰りで旅して来ようかな。

 水道橋の東京都教職員研修センター1Fの資料室に寄ってきた。最近の東京都教育研究員の幾つかの資料や参考文献を閲覧してきた。最近の動向はよくわかったが、使い勝手があまりよくなかった。もっと、誰でも、自由に閲覧できるようなシステムになればいいなと、思った。

 今日は、午前中に花壇の手入れをした。気候がだんだん良くなってきたので、ペチュニアとリナリアをたくさん植えた。ペチュニアは水さえやればよく咲く、リナリアは水が嫌いだ。今年は、そういうことをよく調べて栽培をしよう。去年は、美しく咲くべき花が水のやりすぎで、一つも咲かない大失敗をした。適度に、化学肥料を与えた。午後3時から、日赤東京都支部へ、4月から、全国すべての小学校・中学校・高等学校へ「防災教育」の教材を開発し、提供するという。その説明会だ。かなりの予算をかけ、相当いいものが出来たようだ。学校訪問などで、案内して回るようになるだろう。
 もうひとつ、午後6時半から、よみうり大手町ホールで、読売ICTフォーラム2015「~ICTから見る これからの日本~」に参加する。NTT社長、東大教授ロバート・キャンベルさんの講演、トークセッション 為末大さんほかの話をお聴きしてくる。
 こちらも楽しみだ。



[2015/03/26 09:06] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<3/27(金) 密度の濃い、二日分の講演会 | ホーム | 3/25(水) 災害は、忘れずにやって来る>>
コメントの投稿
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://beatles745.blog.fc2.com/tb.php/675-5af05f00
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
天に星 地に花 人に愛


つれづれなるままに、四季の花、自然、人とのふれあいとともに

プロフィール

つれづれ日記

Author:つれづれ日記
白玉の 歯にしみとほる秋の夜の 
酒はしづかに飲むべかりけれ
         (若山 牧水)

月々に月見る月は多けれど
月見る月はこの月の月
(詠み人知らず)

 
 日々自然とともに、日々是好日、「人間到処有青山 人間(じんかん)到る処 青山(せいざん)有り」 釈月性(浄土真宗)にあらん・・・

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

フリーエリア

カテゴリ

リンク

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2カウンター