■ 総記事数: ■ 総コメント数: ■ 総トラバ数 ■:
天に星 地に花 人に愛


□最新記事
□最近のコメント









9/20(日)

 彼岸(ひがん)は雑節の一つで、春分・秋分を中日とし、前後各3日を合わせた各7日間(1年で計14日間)である。この期間に行う仏事を彼岸会(ひがんえ)と呼ぶ。

 最初の日を「彼岸の入り」、最後の日を「彼岸明け」(あるいは地方によっては「はしりくち」)と呼ぶ。

 俗に、中日に先祖に感謝し、残る6日は、悟りの境地に達するのに必要な6つの徳目「六波羅蜜」を1日に1つずつ修める日とされている。

 動物愛護週間(どうぶつあいごしゅうかん、英語: Kind to Animals Week)は、動物を愛し、動物と人間の絆を深めることを目的として定められた記念週間。アメリカ動物愛護協会が1915年に制定したのが始まり。5月第1日曜日から7日間にわたって、各地の動物愛護団体が色々な企画を催す。

 空の日(そらのひ)は日本で制定された記念日で、9月20日である。

1910年(明治43年)に徳川好敏、日野熊蔵両陸軍大尉が代々木練兵場において日本初の動力飛行に成功して30周年、ならびに紀元2600年を記念して1940年(昭和15年)9月28日に制定された「航空日」にその起源を持つ。

翌年、「航空日」は9月20日と決定され、それが定着した。1992年(平成4年)には「空の日」と改称され、また9月20日から30日が「空の旬間」とされ今に至る。9月20日という日付に設定されたのには特別な意味はないが、3月10日の陸軍記念日や5月27日の海軍記念日が春に行われるために時期をずらして秋とし、その中から晴れの特異日を選んだものである。

 
バスの日 日本で最初のバスの運行は、京都市(堀川中立売 - 七条 - 祇園)で二井商会(福井九兵衛と坪井清兵衛という苗字に井が入った二人によって創業)により蒸気自動車を改良した乗合自動車で、1903年(明治36年)9月20日に始まった。ただし、1904年(明治37年)1月に経営破綻で営業を終えている。

しかし、この車は定員が6名(運転手、助手、乗客4名)と少なかったため、1905年(明治38年)1月に広島で運行開始されたものを日本初とする意見もある。こちらはバスそのものの不備、馬車事業者からの反対などで、同年9月に事業を辞めている。9月20日になったのは、京都の例は営業免許証の交付されたものに、はっきりと日付が残っているためである。

その後、1987年(昭和62年)10月の全国バス事業者大会でこれを記念して、「いつでも、どこでも、みんなのバス」をテーマに、9月20日をバスの日に定めた。

 今、バスは日本でも、全国ネットに拡大した。安全対策は進み、時間はかかるが、ネット予約で格安で、旅らしい旅が出来る輸送手段となった。来月は、河口湖から富士山を廻って御殿場へ、さらに箱根で宿泊して来よう。お天気がよければ、最高!

 今日の格言: 瓜田(かでん)に履(くつ)を納(い)れず【瓜田に履を納れず】

《古楽府「君子行」から》瓜を盗むのかと疑われるので、瓜畑では靴が脱げても履き直さない。疑いをかけられるような行いは避けよというたとえ。瓜田の履。→李下(りか)に冠を正さず

 Avoid compromising situations.

 昨日は、久しぶりに照明関係を全部クリーニングしたら、本当に明るくなった。洗濯機が回転すると、がたがたと大きな音がするので防音ゴムの下敷きを買ってきて敷いた。少し、家のことをやって、一日終えた。今日は、今週のパソコン学習予習、9/24(木)の退公連支部長会の準備をしよう。秋バラも見て来よう。
[ 2015/09/20 09:11 ]Posted byつれづれ日記 | 未分類 | TB(0) | CM(0)[記事編集]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://beatles745.blog.fc2.com/tb.php/851-591b7cf5