■ 総記事数: ■ 総コメント数: ■ 総トラバ数 ■:
天に星 地に花 人に愛


□最新記事
□最近のコメント









1/1(金) あけましておめでとうございます

2016年 平成28年 元旦

◎元日(New Year's Day)

新年の幕開けの日。「年のはじめを祝う」国民の祝日。

1948(昭和23)年7月公布・施行の祝日法によって制定された。

◇元旦

「旦」は「日の出・朝」の意味で、「元旦」とは1月1日の朝を指す。

◇初詣

年が明けてから、初めて神社仏閣に参拝すること。

氏神様やその年の恵方に当る方角の社寺にお参りをして、その年の無事と平安を祈る。「恵方」とは、その年の福徳を司る神「歳徳神[さいとくじん]」の所在する方角のことで、何事をするにも最も良いとされる方角のことである。

昔は大晦日の夜に社寺にお参りして一度家に戻り、元日の朝になって再び参詣していたが、今では大晦日の夜から出かけて行って、社寺の境内で元旦を迎えるという形も見られる。

◇年賀

新年の挨拶を述べる為、親戚や知人、上司、近所の人々等を訪れる。

現在では年賀状でその代りをするようになっている。

◇初日の出

◇若水

元日の早朝に井戸から水を汲んで神棚に供えること。またその水のことも「若水」と言う。

朝早く、まだ人に会わないうちに汲みに行き、もし人に会っても口をきかないしきたりだった。若水は一年の邪気を除くと信じられ、神に供えた後その水で家族の食事を作ったり、口を漱いだりお茶を立てたりした。

◇若潮,若潮迎え

元日の早朝、潮水を海から汲んで来て神に供える。

◇四方拝

天皇が、午前5時半(昔は寅の刻)に束帯を着て神嘉殿の南座(昔は清涼殿の東庭)に出御し、皇大神宮・豊受大神宮・天神地祇・天地四方・山陵を拝し、宝祚の無窮・天下太平・万民安寧を祈る儀式。

*(旧)新年

1948(昭和23)年までは「新年」という祝日で、四大節(新年・紀元節・天長節・明治節)の一つとされていた。

○少年法施行の日

法務省刑事局が実施。

1949(昭和24)年のこの日、前年7月15日に公布された「少年法」が施行された。

○神戸港記念日

1868年1月1日(旧暦1867(慶応3)年12月7日)、神戸港が外国船の停泊地として開港した。

神戸港は、横浜港と並ぶ日本の二大国際貿易港で、神戸市発展の原動力となった。

○鉄腕アトムの日

1963(昭和38)年のこの日、フジテレビで『鉄腕アトム』のテレビ放映が開始された。初の国産アニメだった。

◎ 今日の格言 :袖(そで)振り合うも多生(たしょう)の縁(えん)

道で人と袖を触れあうようなちょっとしたことでも、前世からの因縁によるものだ。袖すり合うも多生の縁。→多生の縁
[ 2016/01/01 08:56 ]Posted byつれづれ日記 | 未分類 | TB(0) | CM(0)[記事編集]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://beatles745.blog.fc2.com/tb.php/952-c0eaf316