1/9(土)
1月9日

○風邪の日

1795(寛政7)年のこの日、横綱・谷風梶之助が流感で現役のまま亡くなった。

亡くなる10年ほど前に流感が流行している時に、「土俵上でわしを倒すことはできない。倒れるのは風邪にかかった時くらいだ」と語ったことから、この時に流行した流感が「タニカゼ」と呼ばれたが、後に谷風の死因となった流感(御猪狩風)と混同された。

○とんちの日

とんちで有名な一休さん(一休宗純)から、「いっ(1)きゅう(9)」の語呂合せ。

○宵戎(よいえびす)  大阪には正月あけ早々、「十日戎」、「商売繁盛で笹もってこい」という景気のいいお囃子が聞こえてきそうです。

夏の天神祭についで景気の元気の出そうな、行事だと思います。大阪では「えべっさん」と言います。

「えべっさん」は「十日戎」。

「十日戎」だけの1日だけでなく、前後があります。1月9日 宵戎 1月10日 十日戎 11日 残り福 と3日間あります。

商人の町大阪ならではの、商売繁盛を願っての行事です。

▽殉教者の日 [パナマ]

1946年のこの日、アメリカ統治下のパナマ運河地帯の高校で、米国国旗だけを掲揚した事から暴動が発生し、米軍の発砲で両国民に死者が出た。

※青々忌

ホトトギス派の俳人・松瀬青々[まつせせいせい]の1937(昭和12)年の忌日。


1月第2月曜日

◎成人の日(Coming of Age Day)  明後日、11日は成人の日、この国はなぜか毎年、この日と敬老の日が変わるようになってしまった。

◎今日の格言:案(あん)ずるより産むが易(やす)し

物事はあれこれ心配するより実行してみれば案外たやすいものだ。


•案ずるより産むがやすし.

Fear is often worse than the danger itself. - 研究社 新和英中辞典


•案じるより生むがやすい

It is easier than one expects - 斎藤和英大辞典

昨日は、古い書類の処分と、郵便だし。今日は、ボランティアの皆さんと、団地内の正月飾りを撤去作業、体を動かそう。
[2016/01/09 05:47] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<1/10(日) | ホーム | 1/8(金)>>
コメントの投稿
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://beatles745.blog.fc2.com/tb.php/960-cc819303
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
天に星 地に花 人に愛


つれづれなるままに、四季の花、自然、人とのふれあいとともに

プロフィール

つれづれ日記

Author:つれづれ日記
白玉の 歯にしみとほる秋の夜の 
酒はしづかに飲むべかりけれ
         (若山 牧水)

月々に月見る月は多けれど
月見る月はこの月の月
(詠み人知らず)

 
 日々自然とともに、日々是好日、「人間到処有青山 人間(じんかん)到る処 青山(せいざん)有り」 釈月性(浄土真宗)にあらん・・・

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

フリーエリア

カテゴリ

リンク

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2カウンター