■ 総記事数: ■ 総コメント数: ■ 総トラバ数 ■:
天に星 地に花 人に愛


□最新記事
□最近のコメント









1月18日(月)

1月18日 きじはじめてなく 気象庁ブログから

吉兆? 不吉? 春の兆しはドハデな国鳥・雉(キジ)の声から【七十二候・雉始雊(きじはじめてなく)】. 1月16日から小寒の末候「雉始雊(きじはじめてなく)」となりました。寒さはこれからが本番ですが、日脚が少し伸びてきてどこか空も明るくなり、春の兆しを感じ始めるそんな季節。
それを感じ取るかのように、繁殖期に向けてキジの雄が独特の金属的な高い声で鳴き始めます。キジといえば何と言っても日本の国鳥。そして「桃太郎」のお供としても知られるメジャーな野鳥。雄の体色は派手で目立ちます。そのわりには「見たことがない」という人が多いのですが、それは気がつかないだけ。実はあなたのすぐ近くにも結構いるんです。

○都バスの日

東京都交通局が制定。

1924(大正13)年のこの日、東京市営乗合バスが東京駅への2系統で営業を開始した。

○118番の日

海上保安庁が2011(平成23)年から実施。

海上保安庁への緊急通報用電話「118番」を広く知ってもらうための活動が行われる。

○振袖火事の日:明暦の大火

1657(明暦3)年のこの日、江戸城天守閣と市街のほとんどを焼失し、死者が10万人にもおよんだ明暦の大火が起きた。

この大火は「振袖火事」とも呼ばれる。これは次のような話による。

上野の神商大増屋十右衛門の娘おきくは、花見の時に美しい寺小姓を見初め、小姓が着ていた着物の色模様に似せた振袖をこしらえてもらい、毎日寺小姓を想い続けた。そして、恋の病に臥せったまま明暦元年1月16日、16歳で亡くなってしまった。

寺では法事が済むと、しきたり通り振袖を古着屋へ売り払った。その振袖は本郷元町の麹屋吉兵衛の娘お花の手に渡ったが、それ以来お花は病気になり、明暦2年の同じ日に死亡した。振袖は再び古着屋の手を経て、麻布の質屋伊勢屋五兵衛の娘おたつのもとに渡ったが、おたつも同じように、明暦3年の1月16日に亡くなった。

おたつの葬儀に、十右衛門夫婦と吉兵衛夫婦もたまたま来ており、三家は相談して、因縁の振り袖を本妙寺で供養してもらうことにした。しかし、和尚が読経しながら振袖を火の中に投げ込んだ瞬間、突如吹いたつむじ風によって振袖が舞い上がって本堂に飛び込み、それが燃え広がって江戸中が大火となった。

江戸、東京の火災、震災、戦災の歴史を歩き、調べると、この火災は最も大きな火災である。今も、この火災から教訓としなければならないことが多い。

◎今日の格言: .鵜の真似をする烏(うのまねをするからす)

 「鵜」は色も黒味がかっていて、遠くからだとからすと見間違える。けれどからすの足には鵜のような水かきもないし、水にもぐって魚を捕ることもできない。からすがもし鵜の真似をして水にもぐったりすればおぼれてしまう。人もそれぞれに、自分の天分に似合うことをしていれば間違いも少ないのに、能力も顧みず、人の真似をすれば失敗をする。

自分自身を知り、人まねや人をうらやまず、自分の身の丈の生き方をしよう、と思う。

 昨日は午前中、今年9月の会報発行へ向けて、割付・原稿などの準備作業をした。少しでも先の見通しをつけておけば、先々、楽をすることができるようになるだろう。

 今日は、日赤東京都支部で委員会があるので東新宿へ、雪が降ったので、早めに帰宅しよう。多分、今日、点検に出していたパソコンについて連絡が入るだろう。今週は、過密スケジュールなので、無理をしないで、ひとつひとつやっていこう。
[ 2016/01/18 06:25 ]Posted byつれづれ日記 | 未分類 | TB(0) | CM(0)[記事編集]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://beatles745.blog.fc2.com/tb.php/969-28024c08