1/21(木)
1月21日

大寒 ふきのはなさく 大寒は、冬の季節の最後の節気でもあります。
初候の款冬華ですが、この三文字を「ふきのはなさく」と読むのは、よほど漢字にくわしい人に限られそうです。厳しい寒さの中、蕗の薹(ふきのとう)がそっと顔をだし始めました、ということでしょうか。
款冬とはフキのことです。その蕾は、土手の上や籔陰などに、萌黄浅緑色の花穂を土中からもたげます。それを蕗の薹(ふきのとう)といいます。蕗の薹は、元来、野生の植物です。食用として栽培もされていますが、野生のものは香りがつよく、口に入れるとほろ苦さが舌に走ります。

大寒や北斗七星まさかさま 村上 鬼城

○ライバルが手を結ぶ日

1866(慶応2)年のこの日、長州の木戸孝允、薩摩の西郷隆盛らが土佐の坂本竜馬らの仲介で京都で会見し、倒幕の為に薩長同盟(薩長連合)を結んだ。

○料理番組の日

1937年のこの日、イギリスのBBCテレビで、料理番組の元祖と言われる番組『夕べの料理』の放送が開始された。

第1回目は「オムレツの作り方」で、この日の担当のマルセル・ブールスタンは、世界で初めてテレビに出演した料理人となった。

□初大師,初弘法

1年で最初の弘法大師の縁日。

久女忌:俳人・杉田久女[すぎたひさじょ]の1946年の忌日。


◎今日の格言: 柔(じゅう)能(よ)く剛を制す

《「三略」上略から》しなやかなものは、かたくて強いものの鋭い矛先を巧みにそらして、結局は勝利を得る。転じて、柔弱なものが、かえって剛強なものに勝つ。

昨日は寄席で初笑い、まだ売れてない芸人たち、笑いをつくるなかに、さぞご苦労が多いと思った。

今日は、5時過ぎに出発、かみさんと伊豆方面日帰りバス旅行、シートベルトだけは締めよう、富士山の綺麗な写真を撮ってきたい。
[2016/01/21 04:23] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<1/22(金) | ホーム | 1月20日(水)>>
コメントの投稿
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://beatles745.blog.fc2.com/tb.php/972-b12bcb3d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
天に星 地に花 人に愛


つれづれなるままに、四季の花、自然、人とのふれあいとともに

プロフィール

つれづれ日記

Author:つれづれ日記
白玉の 歯にしみとほる秋の夜の 
酒はしづかに飲むべかりけれ
         (若山 牧水)

月々に月見る月は多けれど
月見る月はこの月の月
(詠み人知らず)

 
 日々自然とともに、日々是好日、「人間到処有青山 人間(じんかん)到る処 青山(せいざん)有り」 釈月性(浄土真宗)にあらん・・・

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

フリーエリア

カテゴリ

リンク

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2カウンター