■ 総記事数: ■ 総コメント数: ■ 総トラバ数 ■:
天に星 地に花 人に愛


□最新記事
□最近のコメント









1/30(土)

1月30日

○3分間電話の日

1970(昭和45)年のこの日、公衆電話からの市内通話の料金が3分で10円になった。

それまでは1通話10円で、時間は無制限だった。つまり、長電話防止策ってわけだ。昔も今も、自分の世界に入ってしまい、何人もの人が迷惑がっていてもお構いなしッてことがあるっていうこと、これは気をつけたいものだ。今、公衆道徳っていうのがほとんど死語になっている、もっと呼びかけねばならないだろう。

▽殉教者の日 [インド]

1948年のこの日、マハトマ・ガンディーが暗殺された。

※孝明天皇祭

宮中祭祀の一つ。1874(明治7)年から1912(明治45)年までは国の祭日として実施。

1866(慶應2)年12月25日(新暦1867年1月30日)、孝明天皇が崩御した。

◎今日の格言: 尺蠖(しゃっかく)の屈(かが)めるは伸びんがため

《「易経」繋辞下から》将来の成功のために一時の不遇に耐えることのたとえ。

昨日、中央区立佃中学校へ久しぶりに行って来た。中央区教育委員会指定の研究発表会があった。3年生の「いのち」防災の授業に興味があったので、参観してきた。東京都は、都内全生徒に「東京防災」のA4サイズのテキストを配布しており、これで「避難所」について学習していた。このテキストは大変よく出来ており、近く、私も1冊求めよう。もうひとつ気づいたのは、救急救命法の心肺蘇生法とAEDを学校でやっているそうだが、まだ心臓マッサージという用語を使っていた。これは平成10年の消防庁ガイドラインで、もう使わなくなって「胸骨圧迫」となっている。もうひとつ、人工呼吸で感染症に気をつけねばならないので、防護具をつけるなどきめ細かい指導が大切、今度、機会があったらアドバイスしたい。今年から力を入れている救命法が大変役に立ちそうだ。3月、上級救命法の講習を受け、学習・実技ともいざという時に対応できるようグレードを上げたい。今、日赤で全国配布の防災・減災の指導資料「まもろういのち、ひろげようぼうさい」DVD教材の認知度はまだまだ低いと思った。こういう学習は、これからもっと必要だということでは、参会者の意識が高まって来ていた。昨日は、寒い中、大変多くの皆さんに来ていただいた。昔から顔なじみの方々にもお会いした。

今日も一日雨、今日は朝8時前に出かけて、午前中、消防署で怪我事故の応急手当講習を受けてくる。止血法、骨折対応・・・新聞紙、段ボール紙、ビニール袋、三角巾・・・木の枝・・・何でも使って応急手当ての実技を受けてくる。これで1月、なすべきことを終える。ボランティア活動をしているので、いざという時、仲間に対応できる。擦り傷、切り傷、蜂などの虫刺され・・・昨年もあった。予防、安心は、日頃からの備えが何よりも大事だ。

昨日の、研究授業の様子をUPします。
これは素晴らしい!
IMG_5162 s
その中でも、「胸骨圧迫」と示されている・・・しかし、学校ではまだ「心臓マッサージ」を使っている。5cmの強圧、マウスピースで感染症予防なども、しっかり記載されている。これからは、こういうことを見逃さずに指導していくことが必要だ。
IMG_5163 s
「避難所」訓練の発表の様子
IMG_5164 s
[ 2016/01/30 04:33 ]Posted byつれづれ日記 | 未分類 | TB(0) | CM(0)[記事編集]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://beatles745.blog.fc2.com/tb.php/981-81b5be4b