2月6日(土)
2月6日

▲世界女性器切除根絶の日(International Day of Zero Tolerance to Female Genital Mutilation)

国連の国際デーの一つ。アフリカを中心に行われている女性器切除について広く世界の人々に認識させ、その撲滅を促進するための日。

2003年にナイジェリアの大統領夫人であるステラ・オバサンジョの提案で始められ、国連人権委員会で国際的な啓発デーとすることが採択された。

○海苔の日

全国海苔貝類漁業協同組合連合会が1966(昭和41)年に制定し、翌年から実施。

702(大宝元)年1月1日(新暦2月6日)に大宝律令が施行され、その中で海苔が産地諸国の物産の一つとして年貢に指定された。

また、この頃に海苔の生産の最盛期を迎えることから、2月6日を記念日とした。
関聯記念日 •海苔ウィーク <1月31日~2月6日>

○抹茶の日

愛知県の西尾市茶業振興協議会が西尾茶創業120年を記念して制定。

茶道で釜をかけて湯をわかす道具「風炉[ふろ]」から「ふ(2)ろ(6)」の語呂合せ。
関聯サイト •愛知県西尾市 http://www.iijnet.or.jp/nishio/
関聯記念日 •緑茶の日 <八十八夜の日>
•麦茶の日 <6月1日>
•無糖茶飲料の日 <6月10日>
•日本茶の日 <10月31日>
•紅茶の日 <11月1日>
•玄米茶の日 <11月1日>

○ブログの日

サイバーエージェントが制定。

「ブ(2)ログ(6)」の語呂合せ。
関聯サイト •2月6日はブログの日 http://ameblo.jp/blogday/

▽ワイタンギ・デー [ニュージーランド]

1840年のこの日、ニュージーランド北島のマオリ族とイギリス政府が「ワイタンギ条約」を締結し、ニュージーランドがイギリスの植民地となった。

※句仏忌

「句仏上人」と呼ばれた東本願寺23代法主で俳人の大谷光演(彰如)の1943(昭和18)年の忌日。

◎今日の格言: 己(おのれ)を知りうる者は賢者なり

自己を知る者こそ賢い。英国の詩人G=チョーサーの処世訓。 以下、ある方のブログの引用です。
まずは、自分を知ることというのは、正解ですが、 更に、敵も知れば、完璧という、「孫子の兵法」の教えがあります。

「敵を知り、己を知らば、百戦危うからず」
これは、「敵を知り、己も知れば、百回戦っても負けはしない」という意味ですが、この言葉は、以下の3段論法で構成されています。

1)敵も知らず、己も知らなければ、百回戦っても全部負ける。:全敗
2)己を知っても、敵を知らなければ、勝ったり負けたりする。 :一勝一敗
3)敵を知り、己も知っていれば、百回戦っても百勝する。 :全勝

すなわち、まずは、自分を知ることが大切ですが、競争社会で勝つためには、その上で、敵も知れば万全ということです。

「井の中の蛙大海を知らず、されど空の青さを知る」なんて言葉があります。
人間いくら偉そうな事を言っても所詮は自分の中の小さな世界だけで生きていてそれ以外の事は何も知らない。しかし世界ってそんなに小さな物ではない。周りを知る事こそが自分を知る事だと思うし周りが自分を成長させてくれてる。または色んな事を気付かせてくれている。自分を知る前に周りを知る。そうすると自分自身が見えて来るものだと私はそう思いますがね。

昨日、日赤本社の情報プラザで、いろいろと新しい情報を頂いた。求めよさらば与えられん、外に出るということは、視野を広くしてくれる、それをガイドで多くの人たちに伝えよう、勉強にこれでおわりということはない。

今日明日は、休養日、来週からまた動き出す。8日(月)招待券で親戚とスパへ。9日(火)ボランティア 夕方、サントリーホールでコンサート ダニエル・バレンボイム ピアノ・指揮 10日(水)ボランティア 11日(木)建国記念日 パソコン教室 12日(金)東新宿 日赤東京都支部 研修会 当面、依頼された原稿執筆に、責任を持って力を入れよう。

鹿児島県の桜島が昨夜、火山噴火・爆発、台湾で大きな地震、自然災害の心配・・・。
[2016/02/06 08:04] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<2月7日(日) | ホーム | 2月5日(金)>>
コメントの投稿
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://beatles745.blog.fc2.com/tb.php/988-47ab4cb5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
天に星 地に花 人に愛


つれづれなるままに、四季の花、自然、人とのふれあいとともに

プロフィール

つれづれ日記

Author:つれづれ日記
白玉の 歯にしみとほる秋の夜の 
酒はしづかに飲むべかりけれ
         (若山 牧水)

月々に月見る月は多けれど
月見る月はこの月の月
(詠み人知らず)

 
 日々自然とともに、日々是好日、「人間到処有青山 人間(じんかん)到る処 青山(せいざん)有り」 釈月性(浄土真宗)にあらん・・・

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

フリーエリア

カテゴリ

リンク

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2カウンター