天に星 地に花 人に愛

2月11日(木)

2月11日

◎建国記念の日(National Foundation Day)

「建国をしのび、国を愛する心を養う」国民の祝日。

1966(昭和41)年から国民の祝日になった。

この日はかつて「紀元節」という祝日だったが、戦後になってこの祝日は廃止された。1951(昭和26)年頃から復活の動きが見られ、1957(昭和32)年以降9回の議案提出・廃案を経て、1966(昭和41)年に、日附は政令で定めるものとして国民の祝日に追加された。

建国記念の日の日附については内閣の建国記念日審議会でも揉めたが、10人の委員のうち7人の賛成により、2月11日にするとの答申が1966(昭和41)年12月8日に提出され、翌日政令が公布された。

「建国記念日」ではなく「記念の日」なのは、建国された日とは関係なく、単に建国されたということを記念する日であるという考えによるものである。

*(旧)紀元節

1873(明治5)年から1948(昭和23)年まで祝日とされ、四大節(新年・紀元節・天長節・明治節)の一つとされていた。

日本書紀による神武天皇即位の日・紀元前660年1月1日を新暦(グレゴリオ暦)に換算した2月11日を祝日と定めた。当初は1月29日だったが、翌年から2月11日に変更された。戦後、日本国憲法の精神にそぐわないとして廃止されたが、昭和41年に「建国記念の日」として復活した。

1873(明治5)年11月15日、紀元前660年を元年として「皇紀○年」という年の数えかたが作られたが、現在ではほとんど使われていない。

○文化勲章制定記念日

1937(昭和11)年のこの日、文化勲章令が定められ、文化の発展に優れた業績をあげた各界の人に文化勲章が贈られることになった。

○万歳三唱の日

1889(明治22)年のこの日、帝国憲法発布の記念式典で、初めて万歳三唱が行われた。

この日があるので、3本締めが気になった。すると、ただ儀式や宴会などで,三回繰り返して打つ手締め、だった。手締め(てじめ)とは日本の風習の一つで物事が無事に終わったことを祝って、その関係者が掛け声とともにリズムを合わせて打つ手拍子である。手打ちともいう。祭りや冠婚葬祭などの式典、商談や株主総会などの終わりに行われる。挨拶: 本日はお日柄も良く、大変めでたい竣工式を迎えることが出来ま した。 僭越ながら、私〇○太郎が三本締めをさせて頂きます。よーお、パパパン、パパパン、パパパンパン  あと二回繰り返し。 有難う御座いました。中締めのあいさつ 忘年会 万歳三唱で締める例もあるようです。
■中締めのあいさつ 忘年会 万歳で締める例文

皆さま、ご歓談中のところちょっと失礼いたします。
会場のお時間の関係で、ここで一旦中締めをさせていただきます。

本日は、ご多用中にもかかわらず、ご臨席をいただきました
社長、専務に感謝の意を表しまして、「万歳三唱」で締めたいと
存じます。大きな声でご唱和ください。

「それでは、社長、専務の益々のご健勝をお祈りすると共に、わが社の
今期の素晴らしい業績を祝い、あわせて来年の益々の発展を祈念しまして
万歳、万歳、万歳!」

どうも、ありがとうございました。

■中締めのあいさつ 忘年会 万歳で締める例

皆さ~ん、ちょっとこちらへご注目ください。
突然大きな声ですみません。でかい声だけがとりえでして
そのでかい声でここで一旦、締めろとの部長のご指名
ですので、しばしお時間をくださいませ。

一旦、ここで締めさせていただきますが、まだまだ
話したりないという方は、この会場は9時までの予約と
なっておりますので、お時間の許す限りお楽しみください。

それでは、「万歳三唱」で締めますので、皆さん
大きな声でご唱和よろしくお願いします。

「わが社の、今後益々の素晴らしい発展を祈念しまして
万歳、万歳、万歳!」

どうも、ありがとうございました。

※ワンポイント

「万歳三唱」の中締めは、締め方のなかでもっとも盛大な
締め方です。社長など重役の列席に感謝するケースなどには
もってこいの締め方ですので、どうぞ活用してみてください。

また、祝賀会や、新組織の発足を祝う会などでも適切な締め方です。
また披露宴や披露宴二次会の大締めにも、ふさわしい締め方です。ほかにも、乾杯の挨拶、ああ、こういう勉強しないで、人生、走ってきたって、感じです。日本人の国民性という、見方もあるようです。日本人の国民性は、個としての傑出より、集団としての達成・成功を重視する点にあると仮定します。万歳三唱や一本締めといった、あの下らない日本人的な行事を適当な例としてあげます。これをくだらないと見る見方は、少数派でしょう。日本の文化・伝統ですから。

〇そんな衆議院と万歳!の歴史
 では、一体何時、このような慣習が成立したのでしょうか。
 そもそも、「万歳!」とは中国の皇帝を称える言葉で、明治時代になって日本に定着しました。1893(明治22)年、大日本帝国憲法が発布されることを記念して、皇居前で(東京)帝国大学の学生などが明治天皇の馬車を排し、「万歳! 万歳!」としたのがはじまりです。ちなみに、本来の段取りは「万歳! 万歳! 万々歳!」と言うことになっていました。しかし、後の首相で、この時に旗手を務めた若槻礼次郎によると、一番最初に「万歳!」と言ったところ、馬が驚いてしまい、すると人間も驚いて2回目の「万歳!」の声がトーンダウン、さらに3回目に言うはずだった「万々歳!」はついに言えずじまいに終わったそうです。

 こうして、万歳三唱の時に「万々歳!」で締めくくるという最初の案は消え、なぜか、以後は「万歳×3」となります。
 いずれにせよ、こういう起源で万歳という習慣がはじまり、記録によると明治30年の第11回帝国議会解散時、議長が天皇陛下の詔勅を読み上げた際、議場内に「拍手起こり、万歳と呼ぶものあり」というわけで、これ以後、衆議院解散の時に景気づけで言うようになったのではないかと思われます。

今、あれを見ると、むなしさだけが残ってしまう、めでたくもないのに。

ただし、バンザイ突撃(バンザイとつげき)とは、太平洋戦争(大東亜戦争)中の日本軍兵士により実行された玉砕前提の突撃のこと、これだけは何としても繰り返してはならない。

戦術的な意味よりも、「捕虜になる位なら誇り高く潔く死ぬ」という思想のあらわれとも言われ、敵軍優勢の中、補給や増援を望めず撤退も不可能な状況の日本兵が、自決する際のように「天皇陛下万歳」などの雄叫びを上げて突撃したもの。「万歳」の歓声とともに敢行されることから、連合軍兵士から『バンザイ・アタック』Banzai attack又は『バンザイ・チャージ』Banzai chargeと呼ばれ、バンザイ突撃とはこれが和訳されたものとされる。英語から再輸入された日本語由来の言葉であるので、漢字で「万歳突撃」と書かれることもある。

当時のアメリカ兵などからは、バンザイ突撃は狂信的な兵士達による理解不能な自殺行為として受け取られ、バンザイ突撃を受けた兵士の中にはストレス障害(戦闘ストレス反応)などの精神的ショックを受ける者もいたことが記録されている。

されど万歳、いろいろ考えさせられる。外国には、このような儀式や習慣、万歳三唱はないようだ。では、外国では、それに相当するのは何だろう、機会をみて調べよう。

○干支供養の日

干支置物等を製作している陶磁器メーカー・中外陶園が制定。

立春の直後で、十と一を組み合わせると「土」になることから。

一年間大切に飾られ厄を払ってくれた干支置物に感謝し、元の土に還す日。

○仁丹の日

携帯用口中清涼剤「仁丹」を製造販売している森下仁丹が制定。

1893(明治26)年の同社の創業日と、1905(明治38)年の「仁丹」の発売日から。

▽イスラム革命記念日 [イラン]

1979年のこの日、ホメイニ師率いる革命軍がイランの首都テヘランを掌握した。

◎今日の格言: 天(てん)に口無し人を以(もっ)て言わしむ

天には口がないから何も言わないが、その意思は人の口を通じて告げられる。

昨日は、学生の論文添削を仕上げ、郵送した。しっかり、丁寧に読んだので、きっと参考にしてくれるだろう。若い人たちの真摯な思いが感じられた。若い人たちを応援するのは、私たちの責任だ。

夕方、神奈川県から電話、都庁時代の上司の奥様から訃報のお知らせ。介護の大変さをお聞きし、ご健康を労わった。夕方から夜にかけて、毎年の七夕の会の皆さんへ電話連絡、fax送信。一人ひとり、お亡くなりなるという現実に、やはり人には来るべきことから避けられないと、寂しく思う。故人の若い時の同僚だった、鹿児島県喜界島へも特別に連絡。私もいろいろお世話になったり、思い出がある。20日(土)告別式に列席予定、かみさんと行く予定の人見記念公堂のクラシック・コンサートはキャンセルになった。

 今日は、原稿執筆、午後からパソコン教室、今月から月2回、今年もこつこつグレードを上げよう。難しいのではなく、要はなれていくことだ。初めて、半年、徐々に継続は大きな力になっていると思う。

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)